rulezpeeps

Blog / Diary / topo designs

水に流しましょう。

Jul 24, 2017

昨日の夕方から台風のうねりがここ鴨川にも入ってきました。

太平洋の東に台風が二つ仲良く迷走しています。ノルーちゃん君とクラー君。

この二人はどういう運命をたどるんでしょうか? 別れて消滅するのか。それとも一つになって大きくなるのか。

できればハッピーエンドが希望です。

ところで、我々はどうしてこうもサーフィンにはまるんでしょう?

個々いろんな思いがあるでしょうが、勝手なマロン持論(←ラップの韻みたいですが)としてはどうも「水」に関係しているのではと考えます。

とくに「海水」(塩分、ミネラルを多く含む水)にどうも鍵があるような気がします。

昔から嫌な事を水に流す。いわゆるリセットする。という事ですが、昔から「水」は気を良くしたり、心の汚れをなどを落とすために

諸所色々な表現で関係してきました。

身近な事柄でいうと例えばランニングで汗を流すとさっぱりするのも「水」

そういう意味では雪もそうですね。もともと海から蒸発したのが山にたどり着き、結晶になり雪になる。まさに海からですね。スノーボードで雪の上を滑走したり、転んで雪まみれになるのもサーフィンと同じ。はい、これも「水」

温泉なんて最高ですね。汚れた体をお風呂でリセット。これも「水」。

さらに温泉といえば人によっては上がったあとのビール! これも「水」。。。????

これはちょっと意味合いから大きく外れてしまいますが。笑

雨だって本来意味があるものかもしれません。よく「いいおしめりだ」といいますし、猛暑が続くとさっぱりします。

よって、人によっては色々な理由があるにせよ、総じて「水との関係性」により心をリセットし、それが明日への活力のひとつになるんではないでしょうか?

人間は70%は水からできていて、人間のはるか昔の祖先は海から進化してきたとすれば、それはやはり気持ちいいものにきまっています。

しかも汗なんて海水に近い成分ですよね。

それだけサーフィン、とりわけ「海」は「心や体」にとって、とても大事で尊いものかもしれません。

などと勝手なサーフィン気持ちいい持論です。最近の若者は海離れが進んでいると聞きます。

なにかとストレスがかかる現代社会。そんな時代だからこそ海を尊い、リスペクトしながら心のリセットをしにサーフィンを体験するもいいかもしれません。

逆にその価値観を理解できる人は人生の楽しみ方を知っているという事だと思います。

「海に行きましょう」「サーフィンをしましょう」

という事でそんな時に役に立つのがこのアイテム。

STOKE SURF SHORTS MENS  http://dp00006880.shop-pro.jp/?pid=76496361

 

STOKE SURF SHORTS LEADIES http://dp00006880.shop-pro.jp/?pid=76497792

 

IMG_2780

松山ヨッチとマロン。お揃いですが変な関係ではありません。笑

76496361