rulezpeeps

Blog / Diary / topo designs

僕らの物づくり(ギャグなし)

Jul 7, 2017

九州は大雨による自然の猛威が続いてますね。どうか早く収まってもらいたいです。。。。。

そんな中、鴨川は猛暑が続いています。みなさん熱中症には注意しましょう。水分補給をまめに。そうそう、海の中は今日あたりから夏モード全開です。水温がぐぐっと上昇しました。

ところで、今日はギャグはなしで語らせてもらいます。マロンです。

皆様にウエアを提供してきて15年目の夏ですが、これまで、当然、紆余曲折、いろんな事を思い、経験しながら今までやってこれました。まずは感謝です。
そんな中、以前から考えた事なんですが、従来のアパレルの慣習(あえて慣習と言わせてもらいます)に疑問を持ち始め、思い切って秋冬・春夏といったコレクション的発想の企画をやめようと計画しています。服の世界は必ず秋冬と春夏の2回(多いメーカーでは4回から5回)に分けて発表されて、それに基づいて、プロモーションやショーを行い、受注をとって売り上げにする。その間、企画でものつくりに費やせる時間は。。おそらく一カ月がいいところかな。それを毎回新しいテーマで新しい物を提案していきます。今はスピードの時代です。まさにそれを昔からアパレルは通例として行ってきました。
加えて、世界的に見ても洋服は過剰生産。
年間22億着が廃棄されているにもかかわらず、アウトレットやファストの供給量は上がっているんですよ。
そして安い労働力を求めて国から国へと渡り歩くスパイラル。

僕らはどこに向かうべきか。スピードが正しいのか。新しいのが正しいのか。あるいは求められているのか?この事はスタートから今までずっと考えている事で、未来に向けっても考え続ける永遠のテーマなのですが、私たちはこういっています。

「Rulezpeepsのアウトドアウェアは、自然と寄り添い暮らす日々の中で、本当に必要になったアイテムをシンプルかつ機能的に、着心地の良さも追求しながら、できるだけ長く着てもらえるよう素材の開発から縫製に至るまで、多くの時間と情熱を傾けています。
そして、この国の誇れる職人の方々に支えられながら、
Made in Japanでつくっています。

僕らは常にこのコンセプトにお立ち返り、確認しています。
本当に必要なものは? 無駄にならない? シンプルかな? 機能的かな? 環境に負荷をかけてない? 情熱をもって作れる?そして「多くの時間」ともいっています。

最近は僕のPCの前には常にこのメモがはってあります。

考えられるすべてを削ぎ落とした物に本質がある。誰だっけな?肝心なとこ忘れましたが、誰かが言っていた言葉です。

IMG_2593 (1)

お客様からも元気もらっています!

IMG_2594

 

深い自然の中で、暮らし、遊ぶ、必要とされるモノづくり。
そぎ落として、削ぐ落として、スモールビジネスを実践していこうと考えています。それによりある意味「洋服」や「モノ」から解放されて自然の奥深い遊びや暮らしに集中し、皆が人生を豊かに過ごせるのではないかと。ウエアを売っているのに 笑 そういう事で我々もさらに自然の中で遊ばせてもらいます。